法人名


特定非営利活動法人コドモノエガオ

設立


2018年4月

・ぱぱてらす事業は2012年度よりスタート

・ママオアシス事業は2017年度よりスタート

組織体制


理事長  草野 宗徳 

 

 2児の父親。本業は、父親業。

2008年に、NPO法人ファザーリング・ジャパン代表 安藤哲也さんの講演を聴き、感化される。未来の光である子どもの笑顔をひろげるため、「笑っているパパが社会を変える!」を合言葉に只今疾走中!

 


副理事長  長田 大輔

 

  • 認可保育園の園長兼保育士
  • 3児の父。
  • 趣味は料理と子どもとあそぶこと

「大人が本気でおもしろいことは子どももおもしろいはず!」をモットーに、毎日子どもと本気であそんでいます。

「心が亡くなる」と書くように、忙しいとイライラしたりストレスが溜まりがち。そんな中でもお父さんが笑って子どもとかかわることができれば、子どももお母さんも変わります。そんなお手伝いができればと考えています。

 



理事  檜垣 葵

 

 

人との出会いは人生を変えるもの。 

わたし自身も、理事長と出会ったことで、なんとなくだった日常や思考がガラリとかわりました。今も、自分や子どもの新しい一面に出合い続けています。そんなふうに、誰かにちいさな気づきを与える活動ができればと思います。 

「ママだからできない」じゃなく、「ママだからできる」を探そう!

 ※ラヂオきしわだ「Sunday Morning Charge!」毎週日曜9:00~10:00 ママオアシス情報発信中!


理事  山本 佳治

 

 

ITを駆使し、「たのしい」を身近に共有できる世界をつくりたいと起業。

理事長に出会い、家族の大切さや子どもと過ごす時間の大切さに気づく。

コドモノエガオのウェブサイトを、単なる情報のみならず、パパ、ママ、子どもの笑顔を社会に伝播させていくような情報を発信するメディアにしていきます。


理事  渕上 猛志

 

準備中


理事  草野 麻里

 

子どもは「良いママ」ではなく「笑ってるママ」が好き。

毎日のドタバタのどこかにママが笑える一場面を創るため、ママオアシスを立ち上げました。

「母」でもなく、「妻」でもなく、「私」としての1つの居場所づくりを目指します。


監事  檜垣 孝司

 

  •  キャッシュフローコーチ
  • たまに公認会計士・税理士
  • 2児のパパ 

 

理事長が全幅の信頼を寄せるメガネ男子。 

平日はキャッシュフローコーチとして、お客様の「ビジョンとキャッシュの両輪経営」を全力応援。休日は父親として、子どもの南海電車愛を全力応援。笑顔持久力なら誰にも負けません。